京都丹後地区の新建築と歴史建築訪問  ツアー参加募集!

丹後半島の京丹後市久美浜町に料亭和久傳がプロデュースする「和久傳の森」という自然系複合施設がありそこに「森の中の家 安野光雅館」が昨年6月23日に開館しました。

設計は安藤忠雄氏、氏の作品中数少ない木質メインの美術館です。今回はそこを訪問、水彩画と建物をじっくり鑑賞します。

次に久美浜の街へ移動、「豪商稲葉本家」で昼食の後、同建物や庭を散策します。

稲葉本家は、織田信長家臣、美濃の稲葉一族の末裔と言われ、この久美浜の地にて糀製造で得た富を背景に廻船業を営み、沿岸交易によって巨富を得、付近諸藩の金融を独占するほどの豪商でした。

その後衆議院議員も務めた12代目の市郎右衛門英裕が明治18年から5年の歳月をかけ建設した母屋を含む棟群を地元非営利団体が復元再生し、産業観光施設として公開しています。 建物見学以外にも庭鑑賞、絵画、写真鑑賞、陶芸、お香の体験等ができます。(別途申し込みが必要)

午後はこの「豪商稲葉本家」を中心に、時間によって街並み散策も予定しています。

京都丹後地区の新建築と歴史建築を体験する企画です。 会員皆様には是非共御参加いただきますようご案内いたします。


また、今年度登録されました新会員の御参加を歓迎いたします。

御参加の方はお手元に郵送されるはがきで2月26日までにお申し込みください。

はがきを紛失された方は事務局へ御連絡ください。。

バス定員、会席の都合上受付は先着30名までとさせていただきます

定員に達し次第締め切り、その旨御連絡いたしますのであらかじめ御了承お願いいたします。

※本募集はインテリア設計士協会会員および会員と同伴される方々へ限定ですので御了承お願いいたします。

日  時  平成30年3月4日(日)雨天決行

集合場所  京都駅八条口 京都アバンティ前(ホテル京阪西側)

集合時間  午前8:45 〈時間厳守〉

参 加 費   京都支部会員   ¥3000-

      京都支部学生会員 ¥2000-

      他府県支部会員    ¥4000-

                  会員外御参加   ¥5000-(会員同伴者を対象)

      交通費、昼食費、美術館入場料を含む

行  程  京都駅 ↓

      バスにて京都縦貫道丹後大宮IC + 一般道 ↓

      和久傳の森〈森の中の家鑑賞〉 ↓

      久美浜中心街 豪商稲葉本家〈昼食および建物鑑賞、散策〉 ↓

      一般道 + 京都縦貫道↓

      京都駅

      ※行程時間割詳細は郵送された案内書通りです

The following two tabs change content below.

tsuge

最新記事 by tsuge (全て見る)