建築三団体合同で議員立法にて建築士法改正の動きの情報です。
数年以内には改正される可能性があります。
主には、受験資格の実務時期に関して、学科に合格すれば製図は何回も受験可能、製図試験のCAD化などです。
内容は変動すると思われますが、今後の動向に注視が必要ですね。

構造計算偽造事件以来の受験資格厳格化による受験者数の減少および試験を敬遠する風潮から
若い年代の建築士数が減少して業界の将来を考えての制度変更案の様です。
建築士の質を下げること無く受験し易い環境をつくることを目指しているようです。